キャッチコピー・簿記2(独学).jpg
               →→詳細はこちら

目次
1・簿記3級に独学で合格する方法

2・「日商簿記3級独学合格法」〜簿記3級の基礎知識〜完全無料で配信中

3・日商簿記3級に独学で合格するためには

4・「日商簿記3級独学合格法」〜類似品と比べてどちらが良いの?

5・簿記3級は本当に簡単に合格できるの?

6・「日商簿記3級」独学で合格するために〜わたしからあなたへのメッセージ

7・簿記3級合格関連無料冊子のご案内



無料メール講座で簿記の基本が理解できます↓
oi[L.jpg

会計入門 損益計算書とキャッシュフロー計算書


キャッシュ・フロー計算書とは、貸借対照表、損益計算書、
株主資本等変動計算書と並んで財務諸表の中心となる書類です。

「ある期間の資金の増減」を記載します(参考:第8回「キャッシュ・フロー計算書の仕組みと見方」)。

損益計算書も、「ある期間についての情報」を記載しますが、
こちらは経営成績を記載する「企業の通信簿」のようなものです。


具体的にどう違うのかと言いますと、

例えば、予備校ビジネスのA社が、
前払いで10万円の簿記検定講座を開講するとします。

キャッシュ・フロー計算書上は、受講者が10万円を支払った時点で「10万円の営業収入」として認識されます。

損益計算書では、やるべきこと(ここでは授業)をやってから
売上を計上します。そのため、授業が終了した後にようやく、
10万円の売上が損益計算書に登場します。


               @IT出典

売り上げ計上に、時間的なひずみが出るんですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39225890

この記事へのトラックバック